投稿日:2015年07月21日
横浜デリヘル
ラーメン屋を2店舗経営しおかげさまで世間様からは繁盛店と言われてます。ただ、営業は朝11時から夜9時までですが、朝は仕込みがありますし、夜も店じまいから仕込みの準備、2店舗の帳簿付けなどやっていますと、遊ぶ時間が取れません。女房が手伝ってはくれますが、子供のこともありますんで私に負担がかかります。最近、昼の営業から夜まで中休みを頂くようにして、息抜きをするようにしました。てなわけで、最近ちょくちょく合間に風俗で遊ぶようになりました。店の近所のホテルに呼べるデリヘルです。それも50代の私には丁度いい、30代の人妻が居るようなところがよくて、ここの口コミで調べて見つけたのがこの店です。店に電話をし店員の兄さんに、お薦めの女の子を呼んでよ。といい派遣してもらったのが今回の嬢です。
30も半ばになってない、巨乳の美人さんです。白い肌と唇がまた、男心をそそるいい女です。こんな人が風俗で働くような時代になったんだなぁとしみじみ思いました。

ホテルに時間どおりに来てくれてありがたかったです。女の子の到着が遅れると、時間の関係で早く切り上げなくちゃダメなんで。それがまず一番でした。それを察しているわけでもないが、料金の支払いなんかを済ませたら、ろくに挨拶もしないうちに、いきなりのキスです。「挨拶ぐらいきっちりしろ」と店の若いもんになら説教の一つもするところですが、これは大歓迎。キスどころかズボンも脱がしにかかります。「ちょっと。待ってくれよ」と心の中で叫んで、もうなすがまま。挨拶代わりの尺八をしてくれました。風呂に浸かるというんで、お互いに服を脱がしあいましたが、キスをしながら片手を背中に回してブラジャーのホックを外そうと思いましたが上手くいかず、結局両手で外しました。シャワーも巨乳を密着させて洗ってくれて、もうセガレも元気になっています。こっちも女の子の身体を洗い、アソコを洗う時、ちょっくらイタズラしましたが、怒りもせずにいい泣き声の反応だけ。湯舟に入り、ソープ並みの潜望鏡とパイズリでサービスしてくれます。そこで女の子から「一回出してみる?」というご提案、時間的に2度は無理だと言いましたが「頑張ってみよう」という女の子の一言で、湯舟で一発目の発射をしました。ベッドに移動し、女の子の全身リップ、その間にムスコへの刺激は途切れません。69で熟れたアソコのいい眺めながと、舌で舐めて舐めて舐めだるまになると、また色っぽい喘ぎ声を出します。女の子も負けずにクチャクチャと行儀悪く音を立て尺八をすると、愚息も元気に、そのまま騎乗位素股で2発目の昇天。女の子が「いけたわね」と笑顔で言ってくれて、「ありがとう」と巨人の原監督みたいにグータッチしたいとこでした。
色っぽいナイスボディの嬢が来てくれたことに感謝です。2発も抜けると思っていなかったので最高でした。かあちゃん、店員のみんな一人いい思いしてゴメンよ。
値段も手頃な割に店員も愛想よく、女の子も粒ぞろいです。今までハズレたことありません。