投稿日:2013年10月23日
横浜デリヘル
新規店を開拓したいと思い、当初最近利用する店の系列店の「即尺系」の店の嬢を予約。しかし、その嬢が「喫煙者」であることがわかりキャンセル。そこで、同じく系列店の「秋葉原コスプレ学園」を初めて利用。以前から気になっていたのだが、ネット予約ができないシステムなので、気の弱い私は敬遠していたのでした。予めネットで嬢を絞り込み、「非喫煙者」という条件で、前日に予約したのが今回の嬢でした。店のコンセプトから言えば、「タバコ臭い」のはNGだと思うのですが、そこまでは徹底できていないのですね。ちょっと残念ではありますが、店として「喫煙」「非喫煙」をしっかり把握していることは評価すべきでしょう。
予約が済んだので、HPからオーダーシートを送付。前日には「夜ばいコース」をお願いしたのだが、70分でじらしたプレーをしたら満足できないかもと思い、当日のプレー1時間半前に「恋人コース」に変更。以前、別の店でオーダー内容が全く生かされない経験が何度もあったので、心配していたが、プレーをする中で、今回はしっかりと嬢が理解していたことは店への信頼を深めた。
予定の1時間前に電話をし、コースの内容を確認し、無料オプションを選ぶ。無料オプションは、スーパーナイトパックの70分につくロータ以外に、セーラー服、ニーハイ、白パンティ、アイマスク、手かせをオーダー。あとは体を洗って清潔にして、嬢の到着を待つ。到着までに嬢のプロフィールを確認し、好きなチョコを仕入れ、感じる場所や、好みのプレーを頭に入れた。さて嬢到着の電話の後、嬢が部屋の前へ。しかし嬢はなんと呼び鈴があるのに、いきなりノックをする。慣れていないのかなぁと不安になるが、その後の嬢のキャラから言えば、それもかわいいなぁと今は思う。
入室して来た嬢は、プロフィール写真とはかなりギャップがあり、驚いた。ただ、とてもほんわかとして愛嬌のある好みの嬢だったので、気を取り直す。手続きを済ませた後、嬢は、「70分はあっという間なので、シャワーを浴びましょ」と言い「服を脱がせて下さい」と言う。服を脱がせるシチュエーションを要求されたのは初めてなので、どきどきしながら服を脱がすと、あらわれたのは、柔らかくて白くて大きなおっぱい。超ドキドキして、つい手を伸ばしてしまった。「エッチ!」という声がまた自然でかわいく、以後の展開を期待させるものだった。

シャワーの時は、いろいろとお話をしながら、丁寧に洗ってくれる。うがいも2人一緒にして何だか楽しい気分になる。濡れた体もぎこちない手つきながら優しく拭いてくれ、私は先に上がり、嬢がセーラー服に着替えるのを待つ。着替えたセーラー服は、ドンキの商品か!というレベルで、正直お粗末。でも、嬢が着ると、何か本物に見えてしまうのでした。嬢は2x歳とは思えないほど、幼い雰囲気を持っていて、下手すると中学生といちゃいちゃしている感じ。背が小さいだけでなく、本当に「ロリ」です。しかしおっぱいはとても大きく柔らかいのだから困ったものだ。
抱きしめてキスからスタートすると、嬢は積極的に下を絡めてくる。上手とは言いにくいが、一所懸命なキスで愛おしさを感じる。セーラー服の上から胸を触ると「エッチ!」といいながらまんざらでもなさそう。ベッドの上に誘い、後ろから乳首を刺激すると、乳首は早くも勃起。白パンティの上から大事なところを刺激すると既に湿っている。「どこが感じるの?」と聞くと、「両方」と応えてくれるので、胸を片手でもみながら、パンティの上からクリを刺激すると、かわいい喘ぎ声を発し始める。おっぱいのやわらかさに我慢できなくなり、体勢を入れ替え、おっぱいをもみ、舌先で、指先で乳首を刺激すると、喘ぎ声はいっそう高まる。下も更に湿ってきたので、パンティを脱がせ、直接刺激する。嬢の大事なところは、とても綺麗で、小さく、またもや犯罪的な感じがした。ものすごく濡れるという感じではないので、つばで補いながら刺激するととても気持ち良さそう。そこで更にそれを高めるために、嬢が好きだという「ロータ」を使用。ロータだけでは最初はあまり高まらなかったので、中指をいれながら、クリにロータを強くあてがい、指を出し入れしながら、胸を刺激すると、喘ぎ声が高まり「気持ちいい!」「もうだめ!」と控えめな声で、よがり、顔をゆがめる。その顔がまたかわいく、またもや背徳感に襲われる。嬢は責められる中で、ずっと感じた声を出し続け、身をよじり、足を強く閉じ、私の手を握りしめるが、結局「イク」ところまでは達しないようなので、一休みし、ぎゅっと抱きしめる。すると嬢は放心状態ながらも、私に抱きつき、「気持ちよくしてくれてありがとう」と潤んだ目でお礼を言ってくれ、またもや胸がきゅんとする。自然にこういう言葉が出てくる性格の良さには恐れ入りました。
そこで攻守交代。オーダーシートでお願いした「乳首攻め」からスタート。嬢は「乳首立ってるよ」といいながら、舌先で乳首を転がし、指で乳首をつまむ。本当に女子高生にエッチな攻めを受けている感じで、下半身はびんびんになる。そこで自然と下に手が伸びればもっといいのだが、嬢は自分ではまだその判断ができないようで、リクエストが必要な段階のようだ。そこで全身リップをお願いすると、徐々に舌は下半身へと向かい、ついに堅くなったものをなめ回し始める。それがまた上手にじらすので、更に気持ちよさは増し、体は奥底から震えた。すぐにでもいきそうになったが、もうすこしいろいろ試してからと思い69を要求。嬢の大切な場所を目の前に置き、なめ回すことになる。嬢の大切なところはアナルも含めて、極めて綺麗。舌先で責めると嬢は感じてはいるのだが、負けずに私の堅くなったものや、タマの部分もなめ続ける。そこで負けじと、ロータを嬢のくぼんだ部分に挿入し、クリをなめるが、嬢は思ったより感じた声を出さない。
そんなところでいきなりタイマーが鳴り、何と、シャワーまであと5分!何と、時間の過ぎるのが早いことか!こんなに気持ちよくしてもらったのにイカないのは私的にも残念だが、何と言っても嬢に申し訳ない(今まで2度イカなかったときは、嬢は寂しげだった…)ので、私がイキやすい、「乳首を刺激しながらの手コキ&フェラ」をお願いするが、なかなかうまくいかず、いろいろと細かい指示を出す。嬢はソフトなフェラが得意なようだが、あえて強いフェラをお願いすると、嬢は懸命に応えてくれる。嬢の史上最強のおっぱいをもみながら刺激を受けると興奮は一気に高まり、見事嬢の口の中に発射。嬢はその全てをいとおしむかのように受け入れ、私の下半身の細かな痙攣が終了するまで、ずっとくわえ続けてくれた。そして私が促すまでくわえ続け、出たものを吐き出す前に、私のややしぼんだものを丁寧に拭いてくれた。優しく吐き出した後、嬢は笑顔で「おいしかった。ごちそうさまでした!」と優しく言ってくれ、とても胸が高まった。
その後、シャワーを浴び、いろいろと楽しくお話をした。とっくに制限時間を過ぎているのに、嬢は気にすることなく、楽しい話をしてくれ、最後のお別れには「ありがとう!とっても楽しかった!気をつけてかえってね!」と言ってくれた。
今、このレポートを書いていても、心が時めくくらい、とても素晴らしい時間だった。「最高の時間をありがとう!」と言いたい。
のコンセプトの、女子高生といちゃいちゃというイメージ通りの姿とサービス。客のことを第一に考えるサービスの姿勢。お客を思いやる心の温かさ。店のコンセプト通り、いやそれ以上の完璧なボディ、特に胸の信じられない柔らかさ。一緒にいた時間全てが、完璧で、非の打ち所のない嬢でした。テクが最上ではないとか、綺麗系でないとか、相反する要素がある以上、本来高い評価は私では出るはずがなく、私にとっては非常に高い満足度です。ただ、「派手好き」「テク優先」の人には向きません。おっぱい好きの方は一度お試しの価値はあります。
丁寧な対応